製造業の採用現状

現在の日本は景気が回復しているものの、経済を支えている製造業の雇用情勢はまだまだ厳しい状態が続いています。製造業への新卒入職者は昔と比較して増加傾向にありますが、就業者の高齢化が進んでいるのでより製造業の雇用について考えていく必要があります。

製造業の現状について

円安の影響によって製造業における輸出条件は改善していますが、日本の製造業では従業員数の減少や付加価値の減少は未だに改善していないのが現状です。改善しない理由の1つとして海外への移転が挙げられ、海外へ移転してしまうと為替の影響で日本に戻ってくる場合もありますが、為替の影響で再度日本に戻ることは少ないです。

従業員が戻らなくなってしまうと経営困難となってしまうので、これが原因で事業所も減少している傾向にあります。この問題は円安による影響だけでなく元々日本が抱えている問題でもあるので、解決していくためには現状の仕組みを変えていく必要があります。

若者が製造業に持つイメージ

製造業の現状を改善していくためには若者を雇用することが必要ですが、若者の製造業離れが深刻化していることもあって若者の雇用が困難になっています。若者は製造業に対して様々なイメージを持っており、そのイメージが製造業離れを深刻化させている原因にもなっています。

製造業はモノと関わる仕事ですので、扱う原料によっては汚れてしまうこともあります。また製造業はおしゃれを楽しむ機会がほとんどないので、おしゃれを楽しみたい若者であれば製造業は就職先として外れてしまう可能性が高くなります。製造業に若者を取り込んでいくためには、製造業の価値向上を目指す採用戦略が大切です。

自動車メーカーや関連企業に期間工の採用を検討されている方は、当社にご相談ください。期間工の採用に関する採用支援を行っており、採用戦略の立案や面接の受付といった業務代行などあらゆる視点からワンストップのサービスを提供致します。採用支援以外にも求人広告の販売代理や異業種への転職を検討されている方へのサポートもしていますので、採用支援が必要な際はぜひご利用ください。