Loading...

採用活動にかかるコスト

新しい人員を雇う為に採用活動を行う際、様々な費用がかかります。採用活動にかかるコストは、新しい人員を雇う為の必要経費です。
しかし、現在の採用コストは本当に適切なのか、もっと効率よく採用活動ができないか、一度見直してみませんか?

採用コストの内訳


採用活動にかかるコストは多岐に渡ります。求人媒体に掲載する為の費用、採用活動の際に使う資料や備品、求職者の交通費なども発生します。 説明会の為に会場を借りるなら会場費、また、採用担当者の人件費なども含まれます。企業様によって採用活動にかかるコストは異なりますが、一人を雇うのに約50~150万はかかるといわれています。

マッチングによる問題


多くの費用がかかる採用活動ですが、注意すべき点が「マッチング」です。企業側と求職者側でお互いに求めるものが違うと、「ミスマッチ」によって求職者が離職を選択する可能性が高くなります。離職の理由は人によって異なりますが、業務内容や待遇、職場の雰囲気などが主な原因として挙げられます。

多くの費用と時間をかけて採用した人材が離職してしまうと、人材確保の為に再び採用活動を行わなければなりません。何度もこのサイクルを繰り返すと採用コストばかりがかかり、経営を圧迫する可能性があります。

対策の重要性


「ミスマッチ」による離職を減らすためにできる対策は、フィーリングがあう人材の採用です。ミスマッチが起こる原因として、戦略不足があります。よい人材を確保する為には、応募者数を増やすのではなく「求めている人材から応募」してもらわなければなりません。

その為には、求人広告を掲載する地点から、戦略を練った効率のよい採用活動が必要です。フィーリングがあう求職者の採用は、長く勤める人材の確保、会社の成長、採用コストの削減にも繋がります。


製造業の採用活動でお困りなら、当社にご相談ください。当社は製造業の採用代行、採用戦略のコンサルタントなど、多方面から製造業経営者様の採用活動をサポートしています。当社が提供している採用代行サービスでご不明点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。