Loading...

期間工募集と採用の一般的な取り組み

主に電子部品製造工場や自動車工場で勤務する契約社員や期間従業員のことを期間工と呼びます。契約期間の調整や人件費の抑制など雇用する側に多くの利点があるため、様々な企業で取り入れられています。しかし募集をかけても、なかなか人が集まらないケースも多いようです。ここで期間工募集と採用の一般的な取り組みについて、ご紹介致します。

求人媒体へ掲載する


一般的に新聞やフリーペーパーなどの紙媒体や、スマートフォンを含むWEB媒体に求人広告を掲載する手法が良く使われています。期間従業員を希望する求職者は求人媒体をいつもチェックしているので、募集していることを知ってもらう有効な手段となります。すぐに働きたい方や仕事を探している方に直接接触できるため、応募してくれる可能性も高くなります。

寮が用意できない企業でもエリアを絞った募集広告が可能になるため、送迎や入寮が不要なターゲットに働きかけることができます。しかし人材派遣会社や同業他社の広告とかぶることも多いので、コストパフォーマンスが悪くなることもあります。求人媒体への掲載期間や採用支援のサポート期間が短いため、募集をかけても思ったほど応募が少ないことも珍しくありません。

チラシを配布する


募集用のチラシを作成して新聞への折り込みや、マンションなどの集合住宅にポスティングする手法もあります。チラシ配布は求人媒体より、情報量やデザインなどの選択肢が豊富です。ポスティングはポストに直接投函する手法なので、手に取ってもらえる可能性も高くなります。しかし新聞を購読する方は減少しつつあり、ポスティングを嫌がる方から苦情が来るなどの対策も必要になります。

簡易版採用サイトを活用する


ランディングページを立ち上げてプロモーションする手法も、期間従業員の募集に使われています。採用の有無や面接地など、詳細な募集要項を確認できます。掲載期間も調整できるため、すぐに働きたい方だけでなく、異業種で働いている方で転職を考えている潜在層にも有効な手段となります。

全国応募に適しており、寮完備の企業は募集が多い傾向があります。スマホやパソコンなどでインターネットを利用し、社名検索からすぐに募集広告の掲載が確認できるため非常に便利です。しかしWEBプロモーションは経験と知識が必要なため、運用する難易度は高くなります。


当社は主に採用支援事業を展開する会社です。新しいサービスやビジネスを積極的に生み出し、企業の価値向上を目指しています。 期間従業員の募集採用にも数多く携わり、企業様に最適な手法をご提案致します。採用戦略の企画立案や求人広告マネジメントなども、ぜひご相談ください。