Loading...

企業採用力の定義

多くの企業で採用活動が行われており、納得できる採用ができている企業もあれば採用に悩んでいる企業も少なくないかと思います。優良な人材を獲得するためには企業採用力が必要になりますので、こちらでは採用力に関する基礎をご紹介しています。

採用力とは


企業力と採用活動、労働条件の3つを合わせたものを採用力と呼び、採用担当者であれば聞いたことがある方がほとんどかと思います。企業力とは企業概要や取り扱っている商品やサービスのことを指しており、企業の歴史や従業員数、新製品開発力や販売力など他にも企業力に当てはまるものがいくつもあります。

採用活動とは採用実務と採用広報のことを指しており、採用実務は採用に関する全ての実務を指し、採用広報は採用メッセージの配信時期や範囲を指します。労働条件とは仕事内容や給与など募集条件に関連するものを指しており、他にも独立制度や昇進までのスピードなども労働条件に分類されます。企業力や労働条件にどれだけ力を入れたとしても採用活動に力が入っていないと採用力は下がってしまいますし、逆に企業力や労働条件が弱くても採用活動を強めることで採用力を高めることもできるのです。

採用力を高めるためには


優良な人材を獲得するためには企業力と採用活動、労働条件の全てを強くすることが求められますが、会社の規模や採用期間によっては強くすることが難しい場合もあります。企業力を強化する際はある程度の期間が必要となり、採用期間が短期の場合は強くすることが難しいです。

採用活動は採用担当者で自由に強めることができるので、企業力よりも比較的強くしやすいです。労働条件も中小企業であれば経営者判断ですぐに強めることも可能ですが、大企業になると経営者判断の後に細かい調整も必要となるので時間が掛かってしまいます。採用力を強くする際は現状の採用力や採用期間などを考え、バランスよく強くしていく必要があります。


当社では自動車メーカーといった製造業への採用支援を行っており、新たなサービスやビジネスを生み出して企業の価値向上を目指します。製造業以外にも物流やショッピングモールへの採用支援、異業種への転職もサポートしており、全国に対応していますので気になる方はお気軽にご相談ください。