Loading...

採用計画の立て方

企業にとって会社の利益を生み出す要素の一つとして「人材」があります。必要とする数の人材、必要なスキルを持った人材を確保するには、採用計画をしっかり練ることが大切です。

企業間競争の中で人材を確保するには


現代では企業間競争が激化している状況が続いています。競争が激化している要因には様々な要因があります。

  • 1つ目は、市場で取引されているモノやサービスは、ほぼ同質であるということ。
  • 2つ目は、市場において販売者や購入者の数が多数存在すること。
  • 3つ目は、どの企業もモノやサービスを提供するにあたって、マーケティングを徹底し顧客ニーズ情報を正確に捉えようとしていること。
  • などがあります。

これらの要因に加えて少子化問題や離職率の高さが企業間競争を高めています。このようなシビアな状況の中で優秀な人材を確保するには、ブレのない採用計画を立てる必要があります。

目的別で採用枠を決める


企業は人材募集の際にまず「新卒採用」と「中途採用」の採用枠を決める必要があります。新卒採用を進めるのであれば、職務条件を満たした必要なスキルを持ち合わせている優秀な人材を安定的に確保することができます。しかし、新卒者は即戦力とはなりにくく人材育成をする必要があるので、人材育成の環境が整っていることが必須条件となります。

中途採用では他社において既に戦力が開発された優秀な人材を、外部市場から確保することができます。しかし、中途採用者は必要な時に必要な人材を確保できないという問題点もあります。安定的な人材を確保するのであれば新卒者を優先し、即戦力になる人材を確保するのであれば中途採用を優先に進めるといいでしょう。

会社の状況に合わせた企画立案を


採用計画を立てる際には、会社の状況に合わせて考える必要があります。経営戦略や事業計画などをベースに計画を進める方法、現場から必要とされる短期的なニーズに応えて計画を立てる方法、自社の人員構成を確認し、採用計画を立てる方法、部署別で社員数を確認し年齢別に表を作成したりなど、会社の現在の状況を洗い出し、将来を見据えたシミュレーションを行いながら企画立案を行うのがコツです。


当社では期間工の採用に関する採用代行を行っています。当社のコンサルタントのサポートを受けることで、優秀な人材の確保をすることができます。期間工を含む様々な採用代行を行っていますので、お気軽にご相談ください。期間工など採用代行の他にも、求人広告マネジメントも行っていますので異業種へ転職を希望されている方もご利用いただけます。