Loading...

求職者対応の心得

採用活動は、求職者からの応募があったときから始まっています。よい人材を採用するには、求職者の対応が重要です。 こちらでは、求職者対応の心得をご紹介します。

現場への情報伝達


採用活動をスタートする前に、事前に現場スタッフへの告知を忘れずに行いましょう。電話対応をする現場のスタッフが採用活動について知らなければ、応募の電話があってもスムーズな対応ができません。事前に知っておくことで、現場のスタッフは心構えができて誠実な対応を行えます。 ハキハキとした明るい対応は求職者に安心感を与え、会社の価値向上につながります。

採用担当者を決め、不在の場合は求職者に聞いておくべき情報、伝える情報を決めておきましょう。応募受付シートを用意しておくと、必要な情報を聞き忘れることがなくなります。

返信は早めに


電話で求職者から応募がきた際は、必要な情報をお伺いし、面接の日取りを決めます。採用担当者が不在の場合は、必要な情報をお伝えし、折り返しの電話を希望する時間帯を確認しておきましょう。WEBでの応募は、応募を受け付けた旨を伝える返信メールを送ると求職者は安心でき、会社に対してよい印象を持ちます。可能であれば、折り返しの連絡は当日中をおすすめします。

また、面接の日時を伝える際に、会社の場所が分かるかの確認もしておくとよいでしょう。求職者がはじめて赴く会社の場合、行き方を調べていたとしても迷うことがあります。行き方を分かりやすくお伝えすることで、安心するはずです。


当社は期間工の採用支援を行なっており、皆様が求めている人材の確保をサポートします。採用支援は募集人員や予算の確定、求人媒体の選定、採用手法の提案など多岐に渡ります。また、期間工の採用支援の一つとして、求職者の面接受付やメール対応なども承っており、採用活動において重要な求職者対応もお手伝いさせていただきます。期間工の採用活動でお困りの際は、お気軽に当社にご相談ください。